ハイドロキノンがシミを改善するメカニズム

シミ改善成分として注目されているハイドロキノンは、皮膚表面に塗布して使用します。シミは皮膚の奥に存在する、メラニンが過剰分泌されることで、黒い跡のような色素を作り出します。
メラニンを作り出すのは、合成酵素のチロシナーゼです。このチロシナーゼを抑制する働きが、ハイドロキノンにはあります。それに加えて、メラニンの色素を作らせないという、漂白剤としての役割も持っています。メラニンの過剰分泌抑制と、発生した後であっても色素をなくすという、2つの効果を持つため、効率よくシミの改善ができる魅力を持っています。
メラニンはチロシンと呼ばれる物質が、チロシナーゼの働きにより酸化することで発生することがわかっています。このチロシナーゼをハイドロキノンが阻害してくれますので、メラニンを作らせずに済みます。シミは紫外線を浴び続けることで発生することがよくあり、徐々に色素が濃くなっていく厄介な性質を持ちます。ハイドロキノンでメラニンを作らせないようにすれば、徐々にシミの色素が薄くなり、元の美しい肌を取り戻せるようになります。
市販の化粧品にもハイドロキノンは使われていますが、少ない配合量となっています。皮膚科で処方される塗り薬ならば、成分濃度が濃いため、高い治療効果を得られます。しかし、強い成分ですので、配合量が多いと、塗った部分に赤みが生じたり、痒みを伴うなどの副作用が出ることがあります。ですが、比較的安全性の高い成分ですので、正しく使用すれば、それほど心配をすることはありません。
使用中は、日焼けをしないように注意します。必ず日焼け止めで肌を保護し、帽子や日傘などを使うと、日差しから肌を守ることができ、シミ改善効果が高まります。

ページの先頭へ戻る